teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


4月1日(月)晴・10度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 4月 1日(月)06時09分36秒
返信・引用 編集済
  先週

金曜日は、富士山・二ッ塚周遊でした。
コースは、洞門~御殿場口~下塚・上塚コル~上塚~
上塚・宝永山コル~幕岩上~下塚・上塚コル~下塚~
洞門。天気=モーレツな風。単独。

先々週、同コースでスキーだった。
一週間経って雪の変化を見たいのと、雪山に上りたいで
再び訪れた。

洞門駐車場は横浜NOのジープが1台。さすがに少ない。
周辺には全く雪はない。
雪は「融ける」の悲しい宿命がある。また、同時に生命の
躍動でもある。

雪は大石茶屋から出て来た。二ッ塚北面は、かなり残っていた。
トラバースして二ッ塚に向かう。双子沢(仮称)はスキーが出来る
くらい残っていた。

雪質は先々週と違い最高級だった。宝永山は、まだべったり残って
いるので、頑張れば楽しめそう。ただ、歩いて上るのは、まだイイが
スキーが終わって長時間の歩きはイヤだね。

つづく
 
 

3月29日(金)晴・11度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月29日(金)05時29分2秒
返信・引用 編集済
  オーバー手袋

フィンガースルーミトン(KKアクシーズ・クイン)5000-

オーバー手袋の5本指は、強風で指か冷えて堪らない。
2本指が理想的。

風で飛ばされないように、ゴムバンドが付いている。
これは安心。

胴体の一部がチャックで開いて指が出せる。
手袋を脱がなくても、細かい作業が出来る配慮。

最近、「痒いところに手が届く」山の装備が増えた。
これは嬉しいね~!!

 

3月27日(水)晴・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月27日(水)07時31分17秒
返信・引用 編集済
  今日は

3月度・伊豆ウオーキングでしたが、親戚に不幸があり
私は不参加になりました。

皆さま(17名)は、高通山登山口~雲見~千貫門~
烏帽子山~雲見海岸~雲見霊廟~三競歩道~石部を
歩きます。好天でいいウオークでしょう。

超早生のタマネギを収穫している。
甘くて美味しい。

放射状に包丁を入れ、バターを乗せて2分~3分
レンジする。
バターが程よく溶け、タマネギはしんなりする。

サイコーに美味しいです。

 

3月26日(火)曇・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月26日(火)08時11分32秒
返信・引用 編集済
  つづき

旧測候所小屋跡から本格的な上りが始まる。
雪は新雪で硬くないので、アイゼンはいらない。
また、深く潜らないので、シール登行でなく、歩きのが
楽だ。

御殿場口は宝永山の広大な斜面を上る。
ガスられるとホワイトアウトで方角が全く分からなくなる。
過去に何回か難しい場面に遭遇した。

そのため御殿場口には一定間隔で木柱が設置されている。
間隔は100mほど。木柱は延々と続いている。
上を見ながら上ると、なかなか進まない錯覚に陥るので
下を向き呪文を唱えるように黙々と上る。

天気は相変わらず安定していた。風も強くない。時間は
10:30。洞門発7:30だから3H上った。もう少し
頑張ってみようと思った。

11時前になった。ここで終了とした。標高は約2500m
くらいか。同行の日本山岳会は、更に上を目指した。暑かったので
脱いでいたヤッケ・ズボンを纏って滑降。宝永から滑降は久しぶり
だった。

雪は最上ではなかった。旧雪は硬く、新雪は重かった。そんな雪が
交互に現れる。それでも転倒するほどの雪ではない。自身の体力・
技術でこなせる雪だった。滑降は早い。アッという間に二ッ塚の
コル。南面を少し滑ったが、上り返しが面倒で途中で止めた。

雪質は下部も同じだった。新雪をだましだまし滑り、大石茶屋上
で終了。まあまあのスキーだった。この時期、富士山で滑れるのは
嬉しい。雪は自然の恵みなので、本当に有難い。


 

3月25日(月)晴・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月25日(月)06時55分3秒
返信・引用 編集済
  昨日は

富士山・宝永山で山岳スキーでした。
天気は無風快晴。標高差=1200m。
参加者=単独+(日本山岳会)

洞門から出発。昨日の新雪が15cmほど積もっていた。
この時期の新雪は珍しい。
富士山は3月に入って降雪が多い。近場でスキーが出来るのは
有難い。

新雪は多くないのでスキーは担いで行く。今回は、駐車場から二ッ塚
でなく宝永山に向かう。宝永山に向かうのは久しぶり。
旧測候所の中継小屋まで長く忍耐がいる歩き。

上から早くも下山してくる方がいた。聞けば、昨夜は水ヶ塚に泊まり
朝一番で洞門から宝永中腹まで上ったという。静岡市の方々だった。
先頭の男性は私と同じくらいの年齢の方だった。

旧測候所小屋は撤去され既に何もなく、やや平坦地だけ残っていた。
少し休憩する。宝永山はここから本格的な上りになる。天気は良く
風はなく高温で温かい。

富士山の冬山登山は、無風・快晴・高温・霧(ガス)が出ないが
必須条件。昨日の天候はその条件だった。スキーの場合、それに
雪質が良いことが加わる。

つづく
 

3月22日(金)曇・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月22日(金)06時39分51秒
返信・引用 編集済
  つづき

上りきれば、権現山。明るく広い頂上は春の陽光が溢れて
いた。時間はやや早かったがここで昼食。皆で車座になり
弁当を広げる。様々なものが回って来る。山は食べることが
一番の幸せだ。これは、昔から変わらない。

宴は1時間ほど。お腹は満腹だった。普段、昼食は軽めなので
苦しい。頂上の杭を利用して記念写真後下山。下のベンチには
登山者が数名休んでいた。

頂上から急坂を下って行くと二本杉峠。峠から上ノ原に向かう。
何処かの女子2名に抜かされた。天気は相変わらず良かった。
下りきれば上ノ原集落。車を回収する。

近くにはイイ温泉がある。時の栖が新しく開店した。時間が
ある方は温泉に入る。ただ、多忙な5名は早帰した。時の栖
はJAF割引で400-。広くキレイな温泉で400-は
有難たかった。

今回は、お目当てのミツバ(三椏)は最盛期で素晴らしかった。
皆さんもよく歩きました。次回も頑張りましょう。


 

3月21日(木)雨・10度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月21日(木)05時03分12秒
返信・引用 編集済
  昨日は

3月度・まったりハイクで、西丹沢・ミツバ岳~世附(ゆずく・よずく)
・権現山でした。コースは、丹沢湖~ミツバ岳~権現山~二本杉峠~
上ノ原。天気は快晴・高温。参加は11名。

長泉6時発。丹沢湖登山口から登山開始。下山は上ノ原
なので、車を1台回しておいた。
最初から急登。登山口に「マムシクサ」が芽吹いていた。

しばらく人工林が続いたが、上部は美しい自然林が広がって
いた。林には春の温かな陽光が溢れていた。野鳥が、「チッチチッチ」
と忙しい。

地表をよく観察すると、小さな小さなフデリンドウが咲いていた。
本日お目当ての「ミツマタ(三椏・の花=ミツバ)」が、チラホラ現れる。
時期的には丁度良いようだ。三角点の834.2m着。このピーク
がミツバ岳。

花は凄かった。満開状態でサイコーのタイミング。皆さんの歓声
が響く。香りもイイ。沈丁花の香りだ。(三椏はジンチョウゲ科)
西には花越しに富士山が大きかった。3月にしては雪が
多い。記念写真をおさめて権現山に向かう。

途中、右手の東斜面のミツバ群生も素晴らしかった。
50mほど下り、権現山の厳しい上りが200m。上から何人か
下って来た。上りきれば権現山だった。

つづく
 

3月19日(火)晴・10度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月19日(火)17時45分53秒
返信・引用 編集済
  つづき

晴れ間を見ながら滑降。
気分は良かった。
下から何方か上って来た。

見れば上りの時会った方だった。
友好的な方で話が弾んだ。
靴がちょっと見慣れない靴だったので、聞けば、
レース用といった。

レースはどんな所でどんな風にやっていますかと、
聞いたら意外な返事が返って来た。
実は、ヨーロッパ・アルプスのオート・ルートの
レースに参加したという。

「え、え、え~」あのレースは、私にとって因縁の
山だった。レースは3名・1組で出るという。
500名くらい出るらしいが、順位はどうでもイイいくらいの
順位だったという。

もっと詳しい話を聞きたかったが、なんせ雪上での立ち話。
適当なところで切り上げた。
それにしても海外まで行ってレースに出るとは、驚いたものだ。

下部は早くもザラメ状態で快適そのものだった。
雪がもう少し多ければ、サイコーでしたが・・・。


 

3月18日(月)晴・10度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月18日(月)07時16分3秒
返信・引用 編集済
  昨日は

富士山・山岳スキーでした。
天気は曇り・ホワイトアウト・風強・雪。
参加は2名。

この時期に及び、富士山は真っ白。
丹沢にしようか迷ったが、やっぱりスキーを選択。
ただ、洞門には雪がなかった。

例年、3月中旬雪はない。
今年は3月に入って降雪が続いた。
双子沢(仮称)まで歩き雪が出た。

2月と違い火山礫が凍っていないので歩き易かった。
雪は前回のようなモナカでなく、硬い下雪に昨日の
粉雪が乗ったイイものだった。
「今日は期待できる」と思った。

途中で早くも上から滑って来る方がいた。
聞けば神奈川の方だった。スキーは上手かった。
この方とは後にも会った。

上塚のコルまで上り、幕岩方面に滑る。
ところが俄かに雲が湧きホワイトアウト。
凹凸が分からず、スキーにならない。
途中から上り返す。

コルから北面に滑る。
雲が切れるのを待ちながら滑る。
雪はマアマア良かった。
快適に高度を下げる。

つづく
 

3月15日(金)晴・10度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 3月15日(金)07時58分2秒
返信・引用 編集済
  一昨日は

3月度・伊豆八十八札所巡礼でした。
コースは、40番・玉泉寺~42番。長楽寺~43番・大安寺
~41番・海善寺~44番・廣台寺~45番・向陽院~46番・
米山寺。天気=晴れ・風あり。参加=25名。距離=15km

2月度最終の玉泉寺から出発。下田港からの風が強い。
街中を通過し、42番・長楽寺着。
お勤めを終わり、了仙寺脇を通過し43番・大安寺着。

立派なお寺。お勤め後、住職にお話をいただいた。住職から
吉田松陰・山口県・萩などの話をいただいた。住職は温和な
お顔で話が上手く面白かった。もっと聞きたかったが、時間が
なくて残念。

隣の41番・海善寺終了後、昼食で下田の街をウロウロ。
知っている「川端」に行きたかったが、分からず時間も
ないので寺の向かい近くの食堂に入った。

つづく
 

レンタル掲示板
/264