teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


10月1日(火)晴・23度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年10月 1日(火)06時01分24秒
返信・引用 編集済
  管理人さま

投稿、ありがとうございます。富戸の浜手前、倒木が多かったですね。
翌日、町で処分したそうです。
ただ、南伊豆は「携帯が死んでいる」は、早く改善ですね~!!!

日曜日は、山行が中止だったので、仲間のG宅で「ソバ打ち」だった。
山仲間でソバは二回目。
こねるのは、上手になった。

ただ、切るのがまだまだ難しい。
今後、さらなる「精進」が必要。

あまりに「うどん状態」のソバなので煮込んで頂いた。( ´艸`)
しかし、努力の甲斐があって、ソバは極めて美味しかった!!!
12月、再度挑戦ですね。

 
 

Re: 9月28日(土)晴・23度

 投稿者:管理人@らいおん  投稿日:2019年 9月30日(月)16時19分3秒
返信・引用 編集済
  富戸の浜、大好きな場所ですが、きついんですよね。
南伊豆歩道の全体が公共交通機関とか本線道路と離れているし。
暑い時期はお勧めしません。
助け合って無事の帰還、良かったです。

爪木崎歩道も、天城寒天車道も台風15号でだめです。
 

9月30日(月)晴・24度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月30日(月)06時59分26秒
返信・引用 編集済
  昨夜のひばりのAI新曲は感動だった。亡くなった方の新曲が
リリースされるなんて・・・。信じられない。

昨日は県連の遭難対策訓練だったが、朝、雨だったので中止。
ただ、雨は朝方だけで、完全に見込み違いだった。

先日、仲間が飯豊連峰に上った。
調べたら、同じコースを昔、歩いていた。

http://susono-reihou.babyblue.jp/987.pdf

年度は1975年だった。
私は年齢を重ねたが、山は変わらない。
そこを若い方が歩く。いいことですね。

 

9月28日(土)晴・23度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月28日(土)05時29分25秒
返信・引用 編集済
  つづき

風通しが良い涼しい木陰で小1時間休んだ。
Iさんは、時々、上半身を起こしたり経過は順調だった。
サポート隊は、空腹だったのでタイミングは良かった。

12:15、食事を終え、Iさんも元気回復になったので下る。
Iさんは自力で歩行できた。本当に良かった。皆さんのお陰だ。
急坂を下り、吉田浜着。Iさんは、冷房を利かしたバスに乗車。

我々は妻良道の入り口まで歩く。昼食を終えた皆もゾロゾロ出て
来た。吉田亭に寄ってお礼をする。今回は妻良までの予定だったが、
時間がないのと残暑が厳しいので、ここでお終い。バスに乗った。

今回の反省・教訓
1.靴はくるぶしまであるハイカットのしっかりした靴を使う。
  足が靴の中で遊ぶような靴は履かない。
2.靴下は、靴に合わせ、やや厚手のものを使用。ペラペラの靴下は使わない。
3.下着は速乾性のものを使う。木綿は絶対使わない。
4.南伊豆歩道は、携帯が入らない。緊急時を考えると無線も必要。
5.今回、ロープが無かったが、ロープは必要。
6.熱中症予防の飲み物は、「麦茶」が良い。スポーツ飲料は駄目。
7.体温計があったが、体温を計らなかった。計るべきだった。
8.前夜、睡眠は十分にとる。
9.日頃、ほどほどの訓練に励む。

ほか
 

9月27日(金)晴・23度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月27日(金)03時09分16秒
返信・引用 編集済
  つづき

熱中症は、重症度によって、次の3つの段階に分けられます。

 ・Ⅰ度: 現場での応急処置で対応できる軽症
      ・・・立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)
         筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)
         大量の発汗

 ・Ⅱ度: 病院への搬送を必要とする中等症
      ・・・頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

 ・Ⅲ度: 入院して集中治療の必要性のある重症
      ・・・意識障害、けいれん、手足の運動障害
         高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)・・・ネットから

Iさんの症状は、
1.気持ちは悪くない・・・嘔吐感はない
2.脈拍は、休憩中で100くらい・・・やや高かった
3.体温は計らなかった・・・計るべきだった
4.息苦しい・・・ドキドキ・ハーハーする
5.足元がおぼつかない・・・ふらつく・・・介助があれば何とか歩行
6.言語は、ハッキリしている
7.大量の発汗・・・この日は、残暑が厳しかった・日なたで30度くらい
8.生あくび出る・・・熱中症の症状
9.前夜は20時就寝、4時起床・・・やや寝不足
10. 朝食は、しっかり食べた
11. 11時30過ぎ、自力で排便をした
12. 飲料水は摂取したが、固形物は摂らなかった

大体こんな感じだった。富戸の浜で荷物は全てあずけ出発。
厳しい急坂がつづく。少し歩き上り休憩を繰り返す。息苦しさを
訴える。皆でマッサージをしたり、傘で日陰を作り体力維持に
努める。周りは急傾斜なので、とにかく横になれる場所まで頑張って
もらう。この辺りが正念場だった。

一時、背負い上げを考えたが、長身のIさんは体重があり厳しい。道も狭い。
いよいよになったら外部に救助を依頼するしかないと思った。重篤で緊急を
要する場合は、ヘリも考えなくてはいけないだろう。

何とか、ようやく下り気味の平坦地になった。時間は12時近くなった。
吉田浜にバスが見えた。サポーターのKがバスに走り、冷房を最大限にするよう依頼。
Iさんが便意を訴えたので木陰で排便。これで腸はスッキリしたかも。

Iさんを風通しの良い木陰に寝かせ休んでもらう。横になるのが最良だ。
KYさんが冷却シップを提供してくれた。これで少し安心した。数名残し、
皆には吉田亭で昼食に下ってもらう。サポーターのKが帰って来た。
残ったメンバーはここで昼食にした。Iさんは気持ちよさそうに休んでいた。
これで何とかなるだろう。良かった。

つづく
 

9月26日(木)晴・23度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月26日(木)06時29分4秒
返信・引用 編集済
  昨日は、

9月度・伊豆ウオーキングでした。コースは、入間(いるま)~千畳敷~
富戸の浜~吉田。天気は晴れ、高温。距離=約9km。参加=17名。


前回最終の入間から出発。9月末で涼しいかと思いきや、残暑は厳しかった。
千畳敷に向かう。林道の上りで早くも汗が噴き出る。海抜0mまで下りて千畳敷着。
何回来てもイイところ。浜風が気持ちよかった。

記念写真を撮影。北側の千畳敷は更に良いところだった。岩壁におかしな模様が
あり、ここでも記念写真。林道に上り返す。またまた大汗。富戸の浜目指す。
藪っぽく、先日の台風の倒木が邪魔だった。

急下降で富戸の浜に降りる。浜は様々なゴミであふれていた。もうすこし奇麗なら
素晴らしいところだが・・・。サポーターから緊急連絡があった。Iさんが不調で
歩行がままならない状況。熱中症かもとのこと。

ちょうど、沢水が流れていたので、体温を下げる。入間に戻るか、進むか検討。
富戸の浜は、吉田との中間地点。吉田のがやや短い。小人数で入間に戻っても
十分な措置は出来ない。結局、皆でサポート出来る吉田に向かった。

つづく
 

9月25日(水)晴・23度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月25日(水)04時22分37秒
返信・引用 編集済
  先日

初サトイモを掘って食べた。
今年は、ちょっと作り方を変えた。
結果はサイコーの出来だった。

サトイモは、美味しいのっで毎日でもイイです。

 

9月24日(火)晴・24度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月24日(火)06時03分47秒
返信・引用 編集済
  つづき

コルに上った。男性は単独。横浜・W山の会のFさんだった。
崖で下れなかった所は、左のザレた沢状を下ると教えてくれた。
ここは経験済みだったようだ。彼は先行した。

コルから・926に上る。・926は綺麗なピークだった。
計画では、ここから北西の尾根を下る。
石棚山稜・1210m峰に向かう。標高差は300m近くある。

しばらく上ると、先行したFさんが右の尾根で昼食だった。
「いつも一人ですか?」と聞けば「こういう所は、誰も一緒に来てくれない」
だった。

やや荒れた尾根を上る。途中から岩塊帯が続き上り難い。ここを下る
わけだが難儀しそう。もっと綺麗な尾根を期待だったが・・・。

標高差300mは厳しかった。全員、バテバテ。12時前ようやく
一般道の縦走路に出た。すぐ上が・1210m峰。ここで昼食。
今回も累計標高差は、1000m近かった。バリエーションで
1000mは厳しい。

昼食は楽しみ。今期初のサトイモの煮っころがし、これまた
初の落花生はオオマサり。ほか、絶妙なユデタマゴ。全て
美味しかった。途中、Fさんが上って来た。小一時間で終了。

下降は結局、一般道を下った。下る尾根が難儀予想だったからだ。
ま、一般道はやっぱり道があるので楽。仲間は「安心して下れる」
という。下りきれば、箒沢キャンプ場。既にオフで閑散としていた。

河内川を渡り、道路を15分で駐車場着。今回も厳しい山だった。
が、充実度は100%だった。

おわり
 

9月23日(月)晴・25度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月23日(月)09時01分19秒
返信・引用 編集済
  昨日は

西丹沢・河内川左岸=・956m峰~石棚山稜・1210m峰でした。
累計標高差=上り・1060m。天気は晴れ。参加は3名。

台風で天候が懸念されたが、午前は晴れで実行。
西丹沢は、これで6週連続。

箒杉下から出発。河内川にかかる古い吊り橋を渡り左岸に着く。
廃屋のキャンプ場があった。
小沢左岸のバンガロー脇から上る。ただ、計画は右岸だった。

鹿柵をまたぎ尾根に乗る。モーレツな上り。稜線まで標高差約500m。
約1時間半で上り切った。前週昼食を摂った・956mに寄る。
辺りは美しいブナ林が広がっている。

北に向かい、標高950mから最低コルに約150m下る。
最低部で尾根は、真北に向かうが崖になっていた。回避して右の尾根
を下る。ここも急で細引きを3回使って沢に降りた。

沢を上り返してコルに出る。同行のIが「鈴音が聞こえる」といった。
耳を澄ますと確かに聞こえた。コルに男性が一人立っていた。

つづく
 

9月21日(土)曇・22度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2019年 9月21日(土)07時19分2秒
返信・引用 編集済
  ベランダに

知らないうちに、足長バチの巣が出来た。
大きさは、13センチくらい。

殺生は気が進まなかったが、洗濯を干したりで危険だったので、
撤去した。

夕方、うす暗くなって、アース・ジェットを吹きかけた。
今朝、覗いたら、ベランダに数十匹転がっていた。
中に一匹、僅かに動いているのもいた。

恐るべし、アース・ジェット。
足長バチには、気の毒でした。合掌。


 

レンタル掲示板
/271