teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/2466 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

9月1日(土)晴・20度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2018年 9月 1日(土)04時55分40秒
  通報 返信・引用 編集済
  山を50年、

1800回上っていると、近場では新しく上る山はなくなる。
何でもそうだが、常に新鮮な気持ちがないと山も長続きしない。
同じ山なら、季節・ルート・上る形(スキー・沢・岩)・仲間
(たまには単独)を変えたり工夫が必要。

しかし、そうはいっても限界はある。やっぱり新しい上っていない
山は魅力的だ。新しい経験・新しい発見・新しい感覚が長続きの
秘訣・コツ・必須事項であろう。

やっぱり、深田日本百名山(あくまで深田が選出)クラスは
魅力的で素晴らしい山が多い。二百名山クラスになると、
決して悪くはないのだが、どうしても「重箱の隅をつつく」的だ。

そんな中、イイ山に当たると嬉しくなってしまう。今回の山旅は
どうであったか??報告を致します。

1.小秀山(1982m)長野・岐阜県境

コースは、比較的短時間の長野側と長い岐阜側がある。短縮コースは
面白くないので、今回は岐阜側から上った。
山名が良い。大秀山では、おこまがしい。

登山口の乙女キャンプ場はなかなかイイ所だった。地元の森林組合が
管理運営している。この地はトマトの産地。受付で売っていた。窓口の
オジサンは、200ーを100-にしてくれた。

つづく
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/2466 《前のページ | 次のページ》
/2466