teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:75/2489 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

7月7日(土)晴・24度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2018年 7月 7日(土)08時57分57秒
  通報 返信・引用 編集済
  6月28日~7月6日

まで、2018・北海道ツアーでした。結果は、雨・雨・雨
雨でウンザリでした。今年は梅雨空けが早く、梅雨前線が北上し
北海道付近に停滞。そこに台風6号が絡み、最悪の天気だった。

6月30日(土)=アポイ岳(910m)・・・ヒダカソウは、既に遅かった。代わりに
                   キンロバイ・エゾルリムラサキが良かった。

7月1日(日)=幌尻岳・・・・この日が幌尻山荘開き。額平川(ぬかびら)は増水していた。
               ツアー登山約10名は断念。小屋番と一緒に渡渉。しかし、段々
               厳しくなる。四ノ沢上部で胸までの水に危険を感じ断念。幌尻は
               2年連続で敗退。

7月2日(月)=芦別岳(1726m)標高差は1401m。花はサイコーだった。エゾキンバイ・
                  エゾイチゲなど。頂上直下に雪渓二箇所。残雪期は厳しい山。
                  岩の絶頂は凄い展望。深田百名山ではないが、むしろ静かで
                  イイじゃないか。

7月3日(火)=大沼・駒ヶ岳(1131m)天候回復が望めず、青函で本土に向かう。途中、気になる
                     山に寄る。秀麗な山。昭和4年噴火の大火口を見る。また、
                     平原にクレータが多く注意が必要。落ちれば脱出は困難。
                     頂上は一般者は上れないが向かった。踏み跡は無かった。
                     頂上溶岩ドームは、最後の部分が厳しくザイルが欲しい。
                     事故は避けたく直下で下山。イワブクロが凄い。

7月4日(水)=下北・縫道石山(ぬいどういしやま・626m)下北の怪峰・縫道石山に向かう。
                             アプローチが長い。途中、仏ヶ浦を遠望。
                             しかし、登山口で雨、断念。

7月5日(木)=北上・五葉山(1351m)黒岩コースを上る。歩かれていなく、笹が膝まで伸びる。
                     大沢コースと合流するとモーレツな風。岩場で苦労する。
                   頂上まで兎に角長い。ただ、シャクナゲは凄く、延々と続く。
                 しかも見ごろの満開。天城にような大木でなく、大きな盆栽風な
                 シャクナゲ。これは風が強いからだろう。兎に角、今まで見たこと
                 が無いシャクナゲ群には感動・感激。

7月6日(金)=もう1峰の案はあったが、相変わらずの悪天候。それなりに頑張ったので帰静。
        まだまだ、未踏の山は多い。


http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:75/2489 《前のページ | 次のページ》
/2489