teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:60/2446 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

5月18日(金)晴・14度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2018年 5月18日(金)05時48分57秒
  通報 返信・引用 編集済
  5月14日(月)~17日(木)は、熊野古道・
大雲取・小雲取越えでした。天気は4日間晴天。参加は
13名。

14日(月)
長泉発4:00、那智駅着10:30。ここからスタート。
天気は良く暑い。まず、世界遺産の補陀洛山寺(ふだらくさんじ)に寄る。
熊野古道は本来、神社巡りだが、周辺には良い寺も多い。

寺は天台宗。静岡県東部では少ない宗派。ここでお勤め。巡礼の
成果だ。管理者が、普段見られない「三貌十一面千手千眼観音」像を
拝観させてくれた。本来、この像は、年3回しか見られないという。
奈良時代(?)のものらしいが、綺麗で美しい像だった。千の指に眼が
付いているという。

炎天下、那智に向かう。途中から裏道で足に優しかった。長い長い
大門坂を上る。下る方は多いが、上る人は少ない。この階段は、一体
何段あるのだろうか。

登り切れば、熊野那智大社・那智山青岸渡寺着。双方、立派な社だった。
寺では中に入りお勤め。寺は非常に温かく迎えてくれた。川崎の集団が
来て、御詠歌を朗々と詠っていた。

外に出て、那智大滝をバックに記念写真。阿弥陀寺は時間がなく行けなかった。
大滝を落口から仰ぎ宿に向かう。当初、強面のオヤジだったが、結果的には
気さくな方だった。息子さんが相撲活動で、沼津の時々訪れるそうだ。一日目は
無事終了でした。

つづく
 
 
》記事一覧表示

新着順:60/2446 《前のページ | 次のページ》
/2446