teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


3月18日(金)雨・17/49

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月18日(金)06時48分29秒
返信・引用 編集済
  「まんぼう」

が、解禁でようやく、巡礼・ウオーキングが実施出来そうだ。
2・3月は、実施出来なかった。
会員の皆様も、「やっと活動出来る」で、喜びがイッパイ。。

かねてから、巡礼・ウオーキングでは、終了後、概ね足が痛い。
山でなく、舗装道路は、足の負担が大きい。
で、良い靴を探していた。

知人が、「KEEN」の靴がイイと言っていた。
ま、ものは試しで購入した。片足、1万以上するが、仕方がない。
まだ、使用していないが、楽しみである。

今月の富士山ウオーキングは、23日予定です。

 
 

3月17日(木)晴・18/48

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月17日(木)06時46分10秒
返信・引用 編集済
  地震・雷・火事・オヤジ。地震は怖い。昨夜は、相当な揺れだった。
寝ていると、立っている時より、揺れを感じる。犠牲者の方に合掌。

じゃ~ン・2

今、畑で美味しいモノ、第二弾は、「トウナ(薹菜)」
ハクサイ・チンゲンサイなどが薹立ちしたモノが逸品。

この時期のモノ。
足が速いので、八百屋にも少ない。

色がキレイ、味は甘くて美味しい。
辛子醤油でいただく。
ビアの友にサイコーですね。

 

3月16日(水)晴・17/43

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月16日(水)05時43分5秒
返信・引用 編集済
  ジャ~ン、

いよいよ春。野菜は収穫の時期。
この時期、最大・最高の期待は、「新タマネギ」
昨日、極早生を2ヶ収穫した。
いただく、料理方法は決まっている。写真のように、

1.タマネギに八方の切り込みを入れる。
2.切り込みの頭にバター片を乗せる。
3.レンジで中位なら、3分チンする。

バターが程よく溶け、タマネギは「しんなり」する。
いただく。
タマネギは、柔らかく・甘く・キレイ。

サイダイの春の味覚。
サイコーの自然の恩恵。

畑を始めて早17年。
これだから畑は止められないですね。
ご馳走様~!!!

PS パソコンでHPが薄くて見にくいの意見がありました。
  私のPSは、目の保護のため、最大に薄くしてあります。
  PSで見にくい場合は、「設定」から色を濃く出来ます。
  まず、ヤフー・グーグルなどのサイトで「PSの色を濃くする」
  を検索すると、いろいろ方法が表示されます。やってみてください。

 

3月15日(火)雨・19/57

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月15日(火)06時35分6秒
返信・引用 編集済
  「まんぼう」も、漸く解除の見込み。ヤレヤレである。

つづき

(下)権現岳からミツバ岳に向かう。このコースは、シッカリした道標はない。
地図は、100m程下って南(左)に曲がる。ただ、西に向かう尾根が大きく
ハッキリしている。

いい調子で下っていたら、分岐を見落とし、下り過ぎてしまった。皆様には
申し訳なかったが、上り直した。後続も間違って、ウロウロしていた。地形図
を見ても、完璧に間違いやすい尾根だった。

かなり下って漸くミツバ岳着。やはり今年は開花が遅かった。一週間から十日
ってところだろうか。山花の鑑賞タイミングは、気候に左右されるので難しい。
今年は、何処も遅いだろうか。

ミツバ林の中で昼食。早朝から何も食べていないので超空腹。カップラーメン
と昨夜作った、手製のサンドイッチ。丸パンに、畑のレタス・蕩けるチーズ・
ハム・茹でタマゴにマヨネースを混ぜたソース。ボリュームがあり、二ヶ食
べれなかった。

食後、少しゴロゴロして下山。丹沢湖まで超急下降。ただ、岩場が無いので、
やはりこちらが正解だった。無事、湖に降りて二十分程車道を歩き、駐車場
着。湖畔のミツマタが満開で見ごろだった。今回もイイ山でした。

ど~が~観れます。 http://susono-reihou.babyblue.jp/0000-16.mp4

 

3月14日(月)雨・19/57

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月14日(月)06時45分18秒
返信・引用 編集済
  気温が高い。久しぶりの雨。畑の野菜が喜々。

昨日は、西丹沢・(下)権現岳(1018m)~ミツバ岳でした。
コースは、丹沢湖~南尾根~(下)権現岳~ミツバ岳~丹沢湖。
天気=晴れ、標高差=約718m、参加=4名。

権現岳に「三椏(みつまた)の花」を観に行く。この時期、ミツマタ
の花が美しい。西丹沢には、権現山が二つある。一つは、今回の丹沢湖
北のもの。一つは、箒沢北のもの。

ややっこしいので、便宜上、上の権現、下の権現に分けてある。今回は
丹沢湖北の(下)権現山。丹沢湖に駐車して8:16出発。天気はまずまず。
湖畔からモーレツな上り。

まだ冬枯れを残すブナ林が美しい。早くも上から二人下って来た。花を
聞けば、「まだ、一週間から十日早い」の情報。やはり、今年の寒さの
影響だろう。

登山道は、上部の岩場に達した。今回は、この急な岩場を下るのが危険と
判断し反時計回りコースを選んだ。ま、この選択は正解だった。また、時計
回りは昼食が権現岳になる。

反時計は、丁度、ミツバ岳が昼食時間で、これも丁度良い。モーレツな上り
をこなし、権現岳10;44着。標高差=718mを約2時間半。まあまあ
の時間だった。ここで記念写真を撮ってミツバ岳に向かう。

つづく
 

3月11日(金)晴・12/42

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月11日(金)06時43分40秒
返信・引用 編集済
  昨日は、

富士山・山岳スキーでした。コースは、洞門~上塚コル~南面途中まで
~上塚コル~駐車場下まで滑降~洞門。標高差=約700m、天気=曇り、
参加=2名

洞門から出発。既に車が1台あった。前回、雪はガジガジでアイゼンを履いた
が、今回はナシで上まで行けた。一見、雪は早くもザラメの様で良さそうに見
えたが、後に最悪だったと分かった。

グングン上り、上塚コル着。風は無かった。一本、南面に滑降。雪は悪かった。
名称も分からないような悪雪。要するに、前回、カチンカチンだった氷が緩み
骨で言えば、骨粗鬆症の様な雪。

乗るとボロボロの骨のように、ガサガサと崩れてしまう。これではスキーに
ならない。それにしてもこの荒れようは尋常でない。あまり見られない状態
だった。100m滑降してコルに上り返す。

コルから北面を滑降。北面は南面より良かったが、前回より悪い。怪我が
怖くて突っ込めない。イイ雪を探して上塚下に移動するが、変わらなかった。
下から一人上って来た。本日、唯一の登山者。人を探しているようで、「〇
〇の方ですか??」と聞かれた。

下塚下まで滑り昼食。風がなく寒くなかった。富士山の雪も今回で賞味期限
か。今期も雪が少なく十分、楽しめなかった。いよいよ、他山に転戦しないと
ダメだろう。

昼食後、二合目駐車場下まで滑る。今回、私は全く楽しめなかったが、相方は、
「良かった、よかった。サイコーだった」を連発。このような現象は多々ある。
要は「体重の違い」なので、滑りが違うようだ。

概ね、私が良い時は、相方が悪い。私はハード雪がイイが、相方はモナカ系が
得意。スキーは、こんな面白さもある。

 

3月10日(木)晴・11/40

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月10日(木)05時10分7秒
返信・引用 編集済
  今、

庭の「クリスマス・ローズ」が見事。
長い冬を経て、ようやく咲いた。

・・・クリスマスローズはキンポウゲ科の宿根草で、学名をヘレボルスといいます。
原種系のヘレボルス・ニゲルは12月半ばから2月くらいまで花が咲きます。
クリスマスローズとは、そのニゲルを指した名前で、ちょうどクリスマスの
頃に咲くバラのような花、というのが名前の由来・・・ネット

ネットでは、12月半ばに咲くとあるが、そんなに早く咲くのもあるのか??
室内で温かければOKかも。
園芸店で見ると、様々な色がある。

結構、高価だ。
花が下向きで謙虚??
しかし、花が大きくて見事!!

 

3月9日(水)晴・11/40

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月 9日(水)06時42分39秒
返信・引用 編集済
  今日は、3月度・伊豆巡礼だったが、コロナで中止・延期。今年は、巡礼・
ウオークも中止の連続。残念だ。

つづき

Eさんの「降りたい」気持ちを聞いて、我々二人は撤退を決めた。
この風・体力・睡眠不足を考えたら順当だろう。無理をすれば、行けない
ことはなかった。

ただ、「無理をすれば、道理は引っ込む」。また来れば良い。過去、無理を
して、良い結果ばかりではない。ただ、I君には行って貰った。彼なら全く
問題はない。以前も横岳・杣添尾根で山頂まで15分単独で往復した。その
時も天気は悪かった。

下山が決まれば、ドンドン下る。振り返れば、風は相変わらず凄い。頂上は
「雪煙(せつえん)」がプンプン上がっていた。大げさに言えば、エベレスト
の雪煙の様だった。

途中でアベックに会った。「黒百合ヒュッテに行くに、西天狗を越えなければ
行けないでしょうか?」と聞いてきた。今夜、宿泊予定という。この天気で
西・東天狗を越えるのは厳しい。無理をしなければ良いが・・・。

目を凝らすと、3名の奮闘状況が確認できた。第一高点まで下ると、不意に
I君が現われた。思ったより速かった。やっぱり若く馬力がある。ホッと
したら、急激に空腹を感じた。

風が弱い樹林帯で遅い昼食。12時45分だった。I君と私はカップ・ラー
メン。Eさんは、お稲荷さんを食べた。美味しかった。山の食事はサイコー。
今回はビアはなし。

食後、更に下り唐沢鉱泉着。屋根の雪庇が垂れ下がり、今にも落ちそうで
驚いた。トーキョーの若い衆が3名いた。我々より1時間早く上り、黒百合
ヒュッテ経由で周回してきたという。

産直で野菜を仕入れ帰途に就いた。今回、2名は登頂出来なかったが、イイ
山だった。また、行こう。

ど~が~(動画)観れます・・・http://susono-reihou.babyblue.jp/0000-14.mp4

おわり
 

3月8日(火)晴・10/35

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月 8日(火)05時41分41秒
返信・引用 編集済
  つづき

第一高点で完全装備をして、更に上を目指す。樹林が減って風が強い。
ひょっとして今日は「春一番」かと思ったが、翌日の報道では、そうでなかった。
だが、空は妙に濁っていた。これは、恐らく「黄砂」だろう。

そこで同行者の「ピッケルがない」に気が付いた。先ほど着替え時、ピッケルを
ザックにしっかり付けなかったらしい。Iが「戻って探しに行きましょうか」と
言ったが、同じコースを下るので、不要と答えた。

しかし、後で考えれば「取りに行くべきだった」と反省。上部でピッケルを使う
場面になったら、どうするか??である。ここは少々の時間を惜しまず、対応
すべきだった。実際、Iは山頂下でストックは止めて、ピッケルで上っている。

第二高点を過ぎて、いよいよ最後の岩稜帯に掛かる。前に若い衆が2名いた。
ラッセルの礼を言う。何となく、山慣れしていない感じだった。岩稜帯に入った
が、本格的雪山初参加のEさんが、やや疲れた様子。

聞けば、「眠い」と言う。昨夜、就寝したのが12時近くだった様子。その上、
出発時間を1時間間違え、4時に合わせてしまったようだ。睡眠時間が2.5
時間。それでは眠い訳だ。

我々も、八ヶ岳登山は、何度経験しても早朝起床で厳しい。そもそも長泉5時
発だから起床は4時半。前夜は、時間が気になってなかなか寝付けないもの。
決して完ぺきではないが、そこは経験の差か。

しかも、Eさんの雪山装備が100%でなかった。それも問題だった。GPS
の標高は2561m。山頂まで、あと「85m」だった。夏なら20分。しかし、
Eさんは、「ここで降りたい」と言った。

つづく
 

3月7日(月)晴・11/30

 投稿者:たかチャン  投稿日:2022年 3月 6日(日)17時04分21秒
返信・引用 編集済
  土曜日は、

八ケ岳・西天狗岳(2646m)西尾根でした。コースは、唐沢鉱泉~西尾根~
西天狗岳往復。天気=晴れ・黄砂・爆風。標高差=786m。参加=3名。

当初、計画は、編笠山~西岳だった。ただ、天気が良さそうなので西天狗岳に
変更。懸念された林道は、ネットでは3月3日に入ったとあった。それから
大きな天候の変化はないので、通行できると判断した。

別荘地から唐沢鉱泉に向かう。最後の夏沢鉱泉分岐に沢山の車があった。ここ
から歩く方もいるらしい。事実、その先に一人歩いている方が居た。しかし、
唐沢鉱泉まで約4kmある。これは大変だ。

林道を慎重に進む。轍があるので、ハンドルを取られる。途中、何故か横に
滑り変な格好で脇にハマってしまった。危ない所だった。2020年3月に
赤岳山荘への林道で大きな事故を経験しているだけに、雪道はトラウマに
なっている。大事にならなくて良かった。

標高約1860mの唐沢鉱泉着。車は10台ほど。雪はまあまあ。昨年、
宿泊した唐沢鉱泉はクローズ。だが、オーナーは、時々は来るようだ。
8:26発。寒くなく温かい。ただ、天気予報は強風と黄砂予報だった。

通いなれた登山道を峠に向かう。夏はゴロタ石で歩き難いが、雪がそれを
なくしていた。だから、雪があると夏時間より早い場合がある。特に下り
は快適に下れる。

枯尾の峰分岐から風が出て来た。予報通りだった。風がタンネの森の梢
を揺らす。トレースはバッチリあるので快適に上る。空が明るくなったと
思ったら、第一高点だった。

大展望だった。風が強く空が濁っている。あれは黄砂だろう。ヤッケの上下
を着て、目出帽を被って完全装備を整えた。

つづく
 

レンタル掲示板
/332