teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/22 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ハガキで頂いた分です。

 投稿者:管理人より  投稿日:2009年 4月11日(土)09時01分7秒
  通報
  「清涼飲料水」について
のどの渇きをいやすためなら、水を飲めば済むことですが、なぜ、
人間は様々な飲料水を飲んでいるのでしょうか。アダムとイヴの神話の
時代に、すでに水に果汁を加えたものが飲まれていたという説があるほど。
また最近では、のどが渇いたからといって水道水を直接飲むことが少なく
なりました。
身体への水分補給を随分と清涼飲料水に頼っています。
 それでは、清涼飲料水の世界をのぞいてみましょう。
 清涼飲料水の歴史は、人類の文明の誕生からはじまっています。
人類は、大きな河川の近くで、水の恵みを得て文明を発達させてきました。
ところが、世界文明の発祥の地、チグリス・ユーフラテス地方では、その
河川の汚染がひどくなり、安全のために、水に果汁を混合しなくては、
飲料水にならなかったといわれています。生命を守るため、独自の飲料水の
加工技術をあみ出していったのでしょう。これが清涼飲料水の起源です。

■必要が生んだ清涼飲料水
 さて、そんな河川の汚れとは関係なく、美容と不老長寿を求めて、清涼飲料水
を飲んでいた人がいました。古代エジプトの女王、クレオパトラです。
ぶどう酒のなかに真珠を入れて、炭酸ガスを発生させて、一種のシャンパンの
ようなものを飲んでいたという話があります。これは、人が作った初めての
炭酸飲料水といわれていますが、炭酸には、神経細胞を刺激し、バランスを
整えたり、鎮静効果があるので、まさにクレオパトラの秘薬だったのでしょう。
大昔から、安全な飲料水として、また健康飲料として、清涼飲料水は「必要」
が生み出した飲み物だったのですね。

 清涼飲料水とは、一般に、清涼感が得られ、のどの渇きを癒すのに適した
飲み物で、甘味や酸味、フレ-バー(味や香り)があり、アルコールを含まない
飲み物です。食品衛生法上では「乳酸菌飲料、乳、乳製品、アルコール飲料を
除くすべての飲料」と定義されています。さらに大別すると以下のようになります。

  ・炭酸飲料      コーラ、果汁入り炭酸飲料など
  ・果汁飲料      100%ジュース、果汁入り飲料
  ・野菜ジュース    トマトジュース、人参ジュースなど
  ・コーヒー飲料    コーヒー入り清涼飲料 など
  ・紅茶飲料      ストレートティー、レモンティー、ミルクティーなど
  ・無糖茶飲料     烏龍茶、緑茶、麦茶、ブレンド茶 など
  ・スポーツドリンク
  ・ミネラルウォーター
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/22 《前のページ | 次のページ》
/22