teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  2. ブランドの専売店 激安bag26 (0)
  3. ガガ ミラノ(0)
  4. シャネル偽物財布(0)
  5. ブランド激安市場 bag53(0)
  6. ブランド偽物(0)
  7. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
  8. 感想(0)
  9. ブランド財布激安 sales-barnd.com(0)
スレッド一覧(全9)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:21613034  投稿日:2017年10月18日(水)22時04分4秒
返信・引用
  イタリアのブランドが思ったより沢山あってびっくりしました。
ルイ ヴィトン欲しいです。
 
 

(無題)

 投稿者:216130520  投稿日:2017年 8月 2日(水)10時13分31秒
返信・引用
  この授業を受けてから、流行という言葉が敏感になりました。今までは、流行ってるんだなーとなにも思わずにいましたが。今では、流行の裏には、ちゃんとあるんだなと思いました。  

第14回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 8月 1日(火)14時50分44秒
返信・引用
  初回授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています
第14回
マーケティングリサーチは街で声をかけられ協力したことが何度かあったので、今日の授業で作業概要をさらに把握することができて面白かったです。
 

第13回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 8月 1日(火)14時46分58秒
返信・引用
  初回授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています
第13回
モードの社会的構築に流行関連産業を当てはめるのがむずかしかったです。
 

第12回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 8月 1日(火)14時44分51秒
返信・引用
  初回授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています
第12回
服装や身体は自分だけでなく他者に対してのメッセージにもなりうるものなので、どこかに出かける際には、その場所の雰囲気に合ったものや、相手に合わせて服装を変えてみたら良いと思いました。
 

第10回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 8月 1日(火)13時09分32秒
返信・引用
  初回授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています
第10回
流行に乗る=没個性的というのは、私はちがうのではないかと思いました。
流行を取り入れながらも、自分自身に似合うもの、その人らしいものを選んで取り入れている人もたくさんいるので、流行に乗っている=没個性的ではないと思います。
 

第7回課題

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 8月 1日(火)01時57分48秒
返信・引用
  初回授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています
第7回課題
今季のファッションをリサーチしました。
1 花柄の刺繍
2 オフショルダー
3 ボリューム袖
4 サッシュベルト
男性には取り入れづらい女性らしいものが流行っていると思いました。
 

第6回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 8月 1日(火)01時23分8秒
返信・引用
  初回授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています
第6回
シンボル的要素が境界の外部に漏出するならば、集団のアイデンティティは低減 というのはわかるような気がしました。例えば仲良しの友達と仲の良い証、シンボル的要素でお揃いで買ったものが、クラス全員が持っていたらそれは意味がないので、アイデンティティは低減し、同じ機能を果たす別のものをまた買おうとすると思うからです。
 

(無題)

 投稿者:21511017  投稿日:2017年 7月31日(月)23時56分35秒
返信・引用
  イタリアのファッション産業は、職人芸の伝統を守り、中小企業の家族的資本主義のうえに築かれた文化的・産業的システムとなっており、高級志向が強く、お金持ちなどの上流階級の人しか手が延ばせないことが特徴だけど、日本のアパレル産業は、商品の製造・流通プロセスに多くの企業や業界が携わっていたり、小売店との委託仕入れ取引により、誰でも手軽に手に入れることが特徴であることが分かった。  

第3回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 7月31日(月)23時45分31秒
返信・引用
  授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています。
第3回
最近はSNSで誰かがかわいいスイーツ等を載せると皆がそれを見てお店に行き、またそのスイーツの写真をSNSに載せるという事があるのですが、それもパンドワゴン効果になるのではないかな、と思いました。
 

(無題)

 投稿者:21416101  投稿日:2017年 7月31日(月)23時28分54秒
返信・引用
  ブランド品などの海外の販売体制は、高級品を限られた層に向けているのに対し、SPA事業形態はハイリスクハイリターンである。この二種類の企業側のマーケティングには違いがあるのかという疑問が浮かびました。  

(無題)

 投稿者:21511021  投稿日:2017年 7月31日(月)23時03分2秒
返信・引用
  海外の販売体制の特徴について、ブランド社はショーウィンドウで販売拠点を展開していて日本とはかなり違うところがあり、たしかに海外の販売体制の方がお客様を強く引きつけやすいかなと率直に思いました。  

第2回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 7月31日(月)22時47分58秒
返信・引用
  授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています。
第2回
流行は雑誌編集者や広告、モデルなどが作り上げたりしているので、私たちも予測するのではなくて仕掛けていけば流行語を作ることができるのではないかと思った。
現在はSNS等で一般人が流行を作り出したりすることもあるのでそれもおもしろいと思いました。
 

(無題)

 投稿者:21613010  投稿日:2017年 7月31日(月)22時36分52秒
返信・引用
  ブランドの名前は聞いたことがあるけれど、どこの国発信なのか知らなかったです。私のお母さんはルイ・ヴィトンの財布などを持っているけれど、昔からルイ・ヴィトンは高級なブランドだったのかなと疑問に思いました。いつから高級ブランドと思われるようになったのだろう。。。  

(無題)

 投稿者:21613019  投稿日:2017年 7月31日(月)22時26分2秒
返信・引用
  あんなにイタリアのブランドがあるなんて知らなかった。
たまに歩いていると歩道で見かける数をカチカチ数えている人も同じ仕事なのかなと思いました。
 

第1回

 投稿者:21412018  投稿日:2017年 7月31日(月)22時10分5秒
返信・引用
  授業を欠席しており、BBS制度が理解できていなかったので、過去の授業のプリントを見て投稿しています。
第1回
自分から動く、自分で決めると言うことは就職活動をしいてもとても大切だと実感するので大学生活で学んでいて良かったなと思います。
先生が教えてくださっていることは本当に大切だと思いました。
 

21613017

 投稿者:今年の先生のゼミの人  投稿日:2017年 7月31日(月)20時06分23秒
返信・引用
  海外の販売体制と日本の販売体制の異なりを授業で聞いて、私の友達が海外ブランドでアルバイトをしていたことを思い出しました。私の友達のアルバイト先では、季節の変わり目などにまだ残っている商品をすべて業者に返品するのではなく安く安くして最後まで売り切るまで売り続けると言っていました。日本のブランドだと売れ残りを全て返品すると思うので、そこが違う特徴だなと改めて感じました。  

(無題)

 投稿者:21613055  投稿日:2017年 7月31日(月)15時35分8秒
返信・引用
  世界中にたくさんの有名なブランドの店があります。国にとって、販売体制や商品の置き方など違います。海外販売体制の特徴について、自社ブランドのショーウインドウとなる販売拠点を展開していることを知りました。  

第15回

 投稿者:21512304  投稿日:2017年 7月31日(月)15時02分11秒
返信・引用
  私はアパレルのアルバイトをしていて、レジはコンビニのような区切りのあるPOSレジではないけれど、商品バーコードによって商品の売り上げを自店はリアルタイムで管理・確認ができるようになっており、時間別での販売数も確認できるなどの仕組みがあるなということを思い出した。コンビニのようなPOSレジがあったら、大変だと思うけどどんな結果が出るのかと興味も湧いた。また、日本と海外では販売体制が異なるということを授業で聞いて、街中を思い浮かべると納得できた。しかし日本のブランドも、例えばユニクロなどは海外ブランドとのコラボ商品を出したりしていて、その時には海外ブランドがシーズン毎にファッションショーを開催するようにショーを開催している。そういったところで日本企業の販売体制の変化も少しあるのではないかと感じた。  

(無題)

 投稿者:21411017  投稿日:2017年 7月31日(月)14時13分34秒
返信・引用
  有名ブランド店は正直かなり入りづらいですが、それだけの価値がある・高級なブランドイメージが人々に広まっているということで、店側の戦略通りになっているのかなと思いました。だからこそ有名ブランド店というのは簡単には入りずらい、極端に言うとその店に見合う人だけが入れればいいのかなとも考えてしまいました。  

(無題)

 投稿者:21511031  投稿日:2017年 7月31日(月)12時45分37秒
返信・引用
  海外販売体制の特徴として、世界の主要都市に販売拠点を展開するというのを知り、東京にたくさんのブランド店が集まっていた理由が分かった。また、高級品成功の条件が店舗レイアウトやショーウィンドウ、陳列棚を工夫することで、確かにブランドのお店はそれぞれ独特な商品の置き方をしていて、日本のアパレルのお店とはまったく違うと思いました。  

(無題)

 投稿者:21612062  投稿日:2017年 7月31日(月)10時05分13秒
返信・引用
  東京、中国、イギリスの街で定点カメラを設置しどのような人が歩いているのかを見た動画では各都市での流行、服装の違いが大きくみられた。そのなかで、CHANELやGUCCIなど有名なブランドは世界に同じ商品を発信しても売れるからとてもすごいと思った。普通なら、その国で好みは分かれるからだ。 CHANELやGUCCIの日本支店が人気の有名人をモデルにしたり、イベントを行ったり、日本にも親しみやすくなるマーケティングを行なっていからだと思った。
 

(無題)

 投稿者:21411040  投稿日:2017年 7月30日(日)23時22分23秒
返信・引用
  海外販売体制の特徴として、‘主要都市’となる場所を拠点に展開されているとありましたが、確かに日本でも人が多く集まる場所を選んで商売をします。さらに、販売を直接管理することによって消費者側への配慮が成されていると考えました。また店舗レイアウトやショーウィンドウ、陳列棚をそれぞれの特徴に合わせて工夫することで、成功していく。という、今まで見えなかった事を改めて知ることができました。  

第15回

 投稿者:21613014  投稿日:2017年 7月30日(日)20時33分36秒
返信・引用
  日本の業界に「委託仕入れ」と「買取仕入れ」があり、それぞれの意味についてはよくわかっていませんでした。私のアルバイト先では「買取仕入れ」と知り、バックルームの隅に置いてある商品を見て、あぁ・・・もったいない・・・。何とかして売らないと・・と思いました。ここで14回目で学んだマーケティングが活きるんだなと思いました。  

第15回

 投稿者:21613041  投稿日:2017年 7月30日(日)16時44分3秒
返信・引用
  海外にはたくさんの有名なブランドが街に存在します。その中でも海外の販売体制は、世界の主要都市に、自社ブランドのショーウインドーとなる販売拠点の展開をしているのだと講義を通して学ぶことができました。国によっても販売体制は異なると感じました。  

(無題)

 投稿者:21613011  投稿日:2017年 7月30日(日)15時40分11秒
返信・引用
  海外の販売体制の特徴において、世界に主要都市に販売拠点を展開していることが挙げられていました。考えてみれば、高級バッグなどは人通りの多い(人の目につきやすい)ショーウィンドウに飾られており、店舗もその都市の中で高級と思われているところに立地しています。商品を買ってもらうのが第一ですが、商品を買わなくても世界の人々から注目を集めるような話題性、知名度を狙って経済的に効果のある都市に店舗を構え戦略を立てているのだと考えました。  

(無題)

 投稿者:21613048  投稿日:2017年 7月29日(土)13時36分36秒
返信・引用
  ユニクロの工事の話を聞いたとき、気に入ってる安くて質も良いブランドの服を何気なく買っている事を思い出した。その安さの裏では辛い労働を強いられている人もいるのかもしれないと思い、実態は不明だが複雑な気持ちになった。だが、そう思えるだけでも悪質な労働方法について考えるきっかけへと繋がるのかもしれない。  

第15回について

 投稿者:21411038  投稿日:2017年 7月28日(金)07時17分7秒
返信・引用
   海外の販売体制には主要都市に販売拠点を置き、販売の直接管理をしているという特徴があることを初めて知りました。
 この事から消費者を第一にして尚且つ「店舗」や「経営」もうまく回しているのかなと考えました。
 

(無題)

 投稿者:21613053  投稿日:2017年 7月26日(水)16時52分49秒
返信・引用
  高級ブランドは、ブランドのイメージや世界観を非常に大切にしイメージ戦略を徹底しているということが改めて分かりました。それによって消費者は、自分がそのブランドのイメージや商品が置かれている店舗の街に合うように自分をブランドに寄せていき、それがアイデンティティーに繋がると思いました。  

(無題)

 投稿者:21613032  投稿日:2017年 7月26日(水)09時26分35秒
返信・引用
  よくよく考えてみると、街を歩いていたりテーマパークに行った時などたまにカチカチと音がして人数を数えてる人をよく見かける。また、飲食店などには必ずどこもアンケートがおいてある。私のバイト先のラーメン屋でも1つ1つの席にアンケートがおいてあり、その頂いたアンケートを営業終わりに社員さんが集計している光景をよく見かける。このように私たちが何気なく過ごしている日常生活では、さまざまなところでマーケティングが行われているとわかった。そのマーケティングを行うことで、なにをどう直すべきか、どこをそのまま行うか、なんの商品を増やせばいいのか、お客様が求めているのはなにかがわかるためマーケティングはさまざまなところで行われているのだなと私は考えた。  

(無題)

 投稿者:21613004  投稿日:2017年 7月25日(火)19時52分14秒
返信・引用
  ブランド戦略について。イタリアは販売の直接管理をし、とてもブランドのイメージを守ることを大切にしていると思った。だから、ブランド好きの日本人が違うブランドのショッピングバックを持ってプラダに入ったり、団体旅行でイタリアのブランドショップに入ることを嫌がっているのだと思った。対して、日本のアパレル業界は商品の製造、流通プロセスに多くの業者が介在する。ユニクロなど、途上国の女性に劣悪な環境で働かせている疑惑がありイメージは良いものではない。だけど、ユニクロは支持されている。このようなことはイタリアのブランドならあり得ないことだと思う。日本とイタリアのアパレル業界では色々な伝統の違いや文化の違いがあるのだと考えた。  

(無題)

 投稿者:21613022  投稿日:2017年 7月25日(火)08時58分34秒
返信・引用
  私もレジのアルバイトをしていますが、レジ横に客層ボタンがないタイプのレジだったのでいままでそのようなマーケティングがあることを知りませんでした。世のなかには様々なマーケティングがそこらじゅうにあるのだと分かりました。  

14回目について

 投稿者:21411038  投稿日:2017年 7月25日(火)08時09分23秒
返信・引用
  マーケティングがレジの客層にも反映されていることを初めて知りました。
これを受けて、客層が分かれば何をどれくらい増やせばいいのかに繋がるのではと考えました。
 

(無題)

 投稿者:21613010  投稿日:2017年 7月25日(火)08時00分36秒
返信・引用
  私は飲食店でアルバイトをしているのですが、券売機で食券を買っていただく形なのでレジに客層を打ち込む機能があることを初めて知って驚きました。レジは1つだけあるけれど、そのようなボタンはなかったです。今回の授業はアルバイトをしている私たちの身からしたらとても興味深い授業でした。  

(無題)

 投稿者:21613050  投稿日:2017年 7月25日(火)07時52分37秒
返信・引用
  マーケティングリサーチで私がおもった事は、私のバイト先にもお客様の声というクレームボックスみたいなのがあって1日に何通か入っています。それをみて改善できるところやあからさまにこれはお客の思い込みだろというのもありますが、お店の改善になるなと思いました。  

(無題)

 投稿者:21613016  投稿日:2017年 7月25日(火)06時09分41秒
返信・引用
  アルバイト先のレジで客層を入力することは、調査として新たな仕事を増やすわけではなく、お会計の一環として手軽にできる良い方法だと思います。また、お店の業種によってその客層の区分が違うことがおもしろいと感じました。  

(無題)

 投稿者:21613012  投稿日:2017年 7月25日(火)01時12分25秒
返信・引用
  今回の講義ではマーケティングについて沢山考えさせられました。私はアルバイトのレジでマーケティングリサーチをしております。男性か女性か見分け、年齢別に調査をします。そのような普段している内容がとても重要な行為だったとは思ってもいませんでした。とても為になりました。  

(無題)

 投稿者:21613018  投稿日:2017年 7月25日(火)01時03分9秒
返信・引用
  私はインターネット調査法の説明について読んだ時@cosmeが思い浮かびました。@cosmeとは化粧品などの総合情報サイトであり、様々な化粧品購入者の調査をしていますが口コミとして私たちが購入者の評価を見ることが出来るのでマーケティング・リサーチをしながら広告も一緒にしているのだなと考えました。  

21613036

 投稿者:大分県  投稿日:2017年 7月25日(火)00時05分4秒
返信・引用
  コンビニとかのレジで客層などを調べる機能があることを初めて知りました。その機能は凄くいいものたなとは思いますが、店員さんが適当にやっていたら意味あるのかなと思います。街中でアンケート調査の人に会ったことないので話を聞いていて会ってみたいなと思いました。  

(無題)

 投稿者:21412002  投稿日:2017年 7月24日(月)23時34分19秒
返信・引用
  私が働いてるアルバイト先にもPOSがありますが、マーケティング調査のために性別と人数を別けているのを知らなかったです。道路に座って数取器でカウントをしているのを良く見ますが身近にマーケティング調査が行われているんだと思いました。  

(無題)

 投稿者:21612062  投稿日:2017年 7月24日(月)23時31分53秒
返信・引用
  今はSNSを使った、マーケティングは当たり前で、特に私はLINEでの広告がすごいと思った。ここ数年でLINEスタンプが普及してきた。普通なら友達登録しないような会社の公式LINEアカウントも、可愛いスタンプがもらえるからと友達登録する。その数日後から新しい新商品が出るたびにLINEがくる。それが気になり、一度買ったことがある。このような手を狙ってマーケティングがされているのかと思った。マーケティングは学べば学ぶほど、楽しいと思う。  

(無題)

 投稿者:21416101  投稿日:2017年 7月24日(月)23時16分24秒
返信・引用
  マーケティング・リサーチについてコンビニのレジの例が出ていましたが、私のアルバイト先の飲食店でも注文を取る時に男、女、子供の人数を入力するキーがあります。また、年に1回は朝、昼、夜に時間を区切ってアンケート用紙を使った調査も行われていました。店員としては仕事が増えて大変ですが、その分マーケティング・リサーチで得られる情報は企業にとって大きなものであると授業を受けて改めて思いました。また、調査協力のアルバイトがあるということを初めて知りましたが、顧客満足と企業利益の繋がりはそれだけ深いということなのかなと思いました。  

(無題)

 投稿者:21613019  投稿日:2017年 7月24日(月)22時44分21秒
返信・引用
  休日に渋谷に行ったときおばちゃんたちにアンケートお願いしますって言われたのを思い出しました。そして、今、コンビニでバイトをしているので、あのposシステムがアンケートと同じ機能だったなんてとちゃんとお客さんの事を見ようとあれから気をつけています。  

(無題)

 投稿者:21613051  投稿日:2017年 7月24日(月)22時43分12秒
返信・引用
  ここ最近新百合の駅で椅子に座ってカウントしてる人が大量にいて、まさに何をしているのか気になっているところでした。
私のバイト先のレジにポスレジはないので、取り入れたら売上向上に繋がるのではと思いました。
たくさんのお店がある中で次々と新しいお店がなんとなくオープンしてると思っていましたが、1つのお店を出すにあたってその場所ならではの年齢だったり性別だったりの客層を考えて始められていることを知りました。
 

(無題)

 投稿者:21411040  投稿日:2017年 7月24日(月)21時17分49秒
返信・引用
  普段何気なく答えていたアンケートや、駅などの人が多い場所で数を数えていることがマーケティングだと知らなかったし、その調査方法はさまざまで、意外と多いことに驚きました。言葉自体は聞いたことがあってもそれがどのような意味を持つのか知らず、そのままにしていたので、今回知ることで理解が深まったことを感じました。また、レジ打ちの仕事をしたことがなく、たくさんあるスイッチの中に性別や年齢、観光客か否かを打つところがあるとは思いもよらなかったため、新しいことを知ることができました。今回は分かりやすくて面白かったです。  

(無題)

 投稿者:21511031  投稿日:2017年 7月24日(月)14時06分58秒
返信・引用
  マーケティングの調査の方法が色々あったことに驚きました。また、スーパーやコンビニのレジに性別や年齢を入力する機能があることを初めて知り、私たちが知らない間にマーケティング・リサーチを実施している場合もあるのだと思いました。  

(無題)

 投稿者:21613048  投稿日:2017年 7月24日(月)12時37分47秒
返信・引用
  先日地元で横断歩道の近くなどで椅子に座って何かをカウントしているような人がいて、その時は何をしているのだろうと思ったが、授業を受けて調査だったのだと理解した。今後その周辺で何か変化が起こるのか意識してみる事にする。  

(無題)

 投稿者:21613030  投稿日:2017年 7月24日(月)02時33分12秒
返信・引用
  高校生の時はマーケティング調査を知らず、アルバイトで客層ボタンを適当に押していたことを思い出しました。現在のアルバイト先では毎日売れ筋を確認し、それを元に売り場のレイアウトを変えています。売れ筋を元にレイアウトをするのとしないのとでは驚くほど売り上げに差が出るので、マーケティング調査は大事なことなのだと思いました。
 

(無題)

 投稿者:21612069  投稿日:2017年 7月24日(月)00時45分12秒
返信・引用
  マーケティングとはある商品やサービスが売れるための仕組み、それが続いていくための方法を考える仕事。
つまりマーケティングとは顧客と企業の間のブリッジである、そしてそれぞれの企業に対して、別のマーケティング組織があるとおもう。
 

21613017

 投稿者:今年先生のゼミの人  投稿日:2017年 7月23日(日)22時18分4秒
返信・引用
  私は高校生の時にコンビニでアルバイトをしていたので、レジで男女の年齢を打ち込んでいることを思い出しました。当時は、マーケティング調査を自分がしていることなんて知らずにただただめんどくさいなと思っていたことが大事なことだと知りました。今のアルバイト先でも帰省時期にはどんな商品がどのくらい売れるかなどをパソコンに残して翌年の帰省の時期に振り返って売り上げに活かすことをしているので、これもまたマーケティングをしていることなのかなと思いました。  

レンタル掲示板
/68