teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


12月26日(火)晴・11度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月26日(火)06時51分3秒
返信・引用 編集済
  来年の

年賀状もようやく終了した。
年々、しんどくなる。

仲間には、「今年でおしまいにいたします」が、
ぼちぼち出てくる。

そんなことで、今年は大幅に減らした。
最近は、ネットが多く、発行数も減ったようだ。

再来年、また頭が痛いね。

 
 

12月25日(月)曇・15度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月25日(月)06時30分32秒
返信・引用 編集済
  一昨日は

御坂・王岳南尾根でした。コースは、根場~御殿庭・南尾根
取付~南尾根~王岳~鍵掛峠~根場。

御坂山塊のバリエーション・シリーズ。根場に駐車しR139
を御殿庭手前まで歩き、南尾根に取りつく。下部はやや藪っぽかった
が、次第に美しい楢の自然林になった。

右手には先日上った、鬼ヶ岳南尾根の急登が見えた。王岳南尾根は
鬼南より長い分、穏やかな尾根が続く。標高1428mには顕著な
吉沢岩と呼ばれる岩峰がある。直登も出来るらしいが、今回は左を
巻いた。

吉沢岩上はカラマツの植林帯になった。標高1503mで西入川
からの一般道に合流。冬至のカボチャが話題になる。中国語では
南瓜(なんきん)。ひと上りで王岳頂上。

富士山は逆光でやや精彩がない。西湖の位置も鬼ヶ岳からのがイイ。
鍵掛峠に向かう。雪は北側に少し。前回のが多かった。途中で朝
根場を出たオジサンに会った。他、何人か上って来た。

下って根場・いやしの里に寄る。冬で観光客が少なく静かで
良い。蕎麦屋に入った。ビアを持ち込みでもイイと太っ腹。
そばがきを食べた。ここのは美味しかった。王岳南尾根は、
イイ尾根でした。


 

12月22日(金)晴・11度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月22日(金)06時14分31秒
返信・引用 編集済
  今日は

三年ぶりの胃・腸のカメラ検査。
先日の成人病定期健診で悪いところがあった訳では
ないが、大台になったので敢行。

昨日、朝からロクなものを食べていないので、「腹が減って
腹が減って」昨日の午後~夕方が一番キツかった。勿論、
飲めないし、TVは、夕方でやたら食べ物番組が多い。あれは
罪です。

BSで「世界入りにくい居酒屋」をやっていたが、アア、
ワインが、美味しそうだったこと。

食べないとは、こんなに辛いものか、改めて認識。逆を言えば
普段、健康で食べれる・飲める、有難さも再確認。健康は
宝ですね。(写真は、Sさん撮影)


 

12月21日(木)晴・11度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月21日(木)07時17分16秒
返信・引用 編集済
  昨日は

12月度・富士山一周ウオーキングでした。
コースは、チサンゴルフ場下~浅間神社~星山放水路
~明星山~岩本山。天気は無風快晴。参加は17名。

前回最終のチサンゴルフ場下から出発。潤井川を渡り
浅間神社着。湧水が豊富。神社近くに出来た、逆三角形
の「静岡県富士山世界遺産センター」を見た。

逆さ富士をモチーフした、逆三角のちょっと変わった建物。
何方の設計だろうか。開館は明後日の23日から。ネット
を見たら、70歳以上は、無料だった。(笑い)ま、一度
見学も良いかな。

潤井川を下り、星山放水路。途中から西陵高校を経由して
明星山に上る。山腹に梅みたいな木があった。丁度、オジサン
達が下刈り中で聞けば、アンズと言った。

アンズは、長野・伊那から朝霧高原開墾で定住した方々が植えた
とのこと。ネットを見ると、入植は戦後始まったようだが、溶岩
台地の開墾は、水不足・天候不順(霧が多い)で、労苦の連続だった
ようだ。昨日下刈りの方は、二代目と言っていた。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/shizu_serial/list/2015/CK2015010602000267.html

明星山で記念撮影後、大きく下って、岩本山に上る。今回は
ここでお終い。午後は、天母の湯で、忘年会でした。

 

12月19日(火)晴・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月19日(火)09時13分59秒
返信・引用
  大野山

ハイクの時、郁子(むべ)の果実をいただいた。
完全に熟していて、甘さが際立っていた。

食後の甘さが、口に残らず、サイコーの味でした。
普通、ツル状で伸びると思うが、これは樹木の感じ
でした。

 

12月18日(月)晴・10度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月18日(月)07時20分58秒
返信・引用 編集済
  一昨日は

丹沢・大野山で忘年山行でした。コースは、御殿場線・
山北駅~河村城址~洒水の滝~古宿~大野山~谷峨駅。
天気は快晴・強風。参加は6名。

久しぶりの御殿場線利用。山北駅で下車。駅南の河村
城址に寄る。トイレが整っていた。下って洒水の滝。
滝つぼに至る橋が壊れ行けない。直さないのかな。滝は
標高差=114m。凄い落差である。

大野山に向かう。標高350mの古宿に大きな集落。
畑仕事のご婦人に聞けば、車があるので生活は問題
ないそうだ。ただ、イノシシ・シカ害が酷いと、こぼして
いた。

長いトラバースと段差がある階段をこなし大野山着。展望は
素晴らしい。多くの方が昼食。ただ、富士山は暗雲で強い風
が吹いていた。

昼食は温かいラーメンとビアが美味かった。今年は、あと二回
登山で回数は49回。日数はそれより多い。今年もよく歩き
上りました。

下山道は登山道より道路が少なく歩き易かった。谷峨駅で、
犬越路トンネルを越えて来た、若いサイクラー・駅を乗り
過ごしてしまった中学生と歓談。楽しい一日でした。

 

12月15日(金)晴・14度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月15日(金)05時41分35秒
返信・引用 編集済
  昨日

修善寺に着くと、境内で男性住職・職員が全員で掃除
を行っていた。
中に吉野老師がいた。老師自ら掃除とは、流石である。

師は右膝にサポータを巻いていた。聞けば、先日、捻った
そうだ。しばらく大変だったが、現在は、まあまあとの
事でした。

吉野老師は温かい方で、いつも、優しくもてなしを受ける。
あだ名(失礼!!)は、「キューピーちゃん」と呼ぶと
修善寺町のある住職教えてくれた。あだ名の如く、住職に
ありがちな、お高く留まったところは、全く感じない。

これからもお世話になります。お体に気を付け、お過ごし
下さい。


 

12月14日(木)晴・13度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月14日(木)06時30分25秒
返信・引用 編集済
  昨日は

12月度・伊豆巡礼でした。コースは、修善寺~一番。
嶺松院~二番・弘道寺~国士峠~ワサビ店・たか惣。
天気は無風快晴低温。参加は29名。

2018期・発心巡礼。先期終了が10月。11月が雨
だったため、今回が新しい巡礼の始まり。新しい参加者が
9名参加。修善寺でお勤め。丁度、吉野導師が庭掃除中。

挨拶をすると本堂でお勤めをと勧められる。早朝の凛とした
中での勤め。気持ちが良かった。一番札所に向かう。狩野川
の流れが清らか。一番札所は、住職が病気で無住職になった。

二番に向かう。例年発心巡礼は、4月だが今回は12月。冬
は初めてで見える風景が違い新鮮だった。弘道寺の裏山が桜
公園になっているのを初めて知った。

ここで昼食をいただき、標高差300mの国士峠を越える。
新しい方も頑張って越えた。下って筏場のワサビ田。もう
開花しているものがあった。更に下って、ワサビ店・たか惣。
今日はここでお終い。

初めての方は、ちょっと大変な巡礼でしたが、面白かった、
楽しかった、来年も頑張るのコメントでした。

 

12月12日(火)晴・強風・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月12日(火)05時56分32秒
返信・引用 編集済
  鬼ヶ岳

下山後、山仲間のS氏が管理する、別荘に行った。
別荘は、氏の所有でないが、持ち主が年に数回しか
訪れず、荒れ放題。これでは傷む一方なので、管理を
任されている。

別荘は標高約950mの富士山麓。冬は気温が低い。
朝、前日入った温泉の濡れたタオルが車の中で凍って
いた。

部屋に薪ストーブがあった。それほど大きなモノでないが
このストーブは温かい。煙突などからも発熱するので、部屋
全体が温まる。やっぱり電気・ガス・石油などとは比べようが
ない。

ただ問題が無い訳でもない。燃料薪の確保がポイント。
スギなど軟らかい木材は燃焼が早い。いわゆる、もたない。
堅い木材が良いが、堅いと割ったりの加工が大変。自然の
モノもそれほど、豊富にある訳でもない。

しかし、やっぱり冬は、薪ストーブがサイコーですね。

 

12月11日(月)曇・12度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年12月11日(月)05時51分39秒
返信・引用 編集済
  一昨日は

御坂・鬼ヶ岳(1738m)南尾根でした。
コースは、根場~南尾根~鍵掛峠~根場。天気は
無風快晴。参加は3名。標高差=838m。

根場駐車場で準備をしていると、松本NOの車が来た。
年配の男女。聞けば伊那の方。長野はこの時期、天気が
悪いのでこちらの山を楽しむとのこと。上で会いましょう
と分かれた。二人は王岳に向かった。

根場発7:05。魚眼荘裏から南尾根に取り付く。
最初からモーレツな急登。藪はほとんどない。

標高点1138mを通過し、三角点1334.9mに達する。
25mほど下りコルに出る。ここから「鬼の壁」が始まる。

尾根には昨日の雪が薄っすら乗っていたが問題はない。
ただ、余りの急登なので6本アイゼンを履いた。

兎に角、急な壁が続いたが、ようやく空が切れて、夏の
お花畑が現れた。背後は西湖を眼下に富士山が大きい。
展望台に飛び出し、一般道に合流し、鬼ヶ岳着10:13。
丁度3時間だった。

大展望の南ALPSを眺め、鍵掛峠に向かう。途中で
今朝会った二人にバッタリ。ヤアヤアでエール交換。
なかなか速いペースだった。

鍵掛峠着。ベンチの様に横たわった丁度良いブナがあった。
ここで昼食。多摩のパーティーが20名程、王岳に向かった。
ラーメンを食べて根場に下る。根場道は何回来てもイイ
道。自然林が美しい。

根場着。左手に上った南尾根がハッキリ確認出来た。
今回も良いバリエーションでした。

 

レンタル掲示板
/238