teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


1月1日(日)晴・1度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2017年 1月 1日(日)06時26分55秒
返信・引用 編集済
  2017・元旦

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 
 

12月27日(火)雨・7度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月27日(火)06時24分29秒
返信・引用 編集済
  冬山

合宿は、悪天候で29日~31日に変更。
今日は、先日、野鳥カレンダーを作った芦安のS氏の
御母堂の葬儀で甲府へ行く。

御母堂には大昔、S氏実家で「カレーをいただいた」
ことがある。いつだったか、山日記で調べたら、19
71年か72年だった。

記録の詳細がないのでイマイチだが、確か、年末の
北岳山行時ではないかと思う。ま、その辺りは、兎に角
古い出来事で定かではないが、何故か「カレーをいただいた」
ことだけはハッキリ覚えている。

人間、一宿一飯の恩義は、一生忘れないものだろうか。そして
その縁が、未だに脈脈と続いていた。御母堂さま、安らかに旅立
下さい。合掌。

今年の日記は今日で終了です。今年も一年、ご愛読「痛み入ります」
また、来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。

 

12月26日(月)雨・5度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月26日(月)07時00分4秒
返信・引用 編集済
  いや~

驚いた。今時、こんなことをする輩がいるだろうか??
25日上った越前岳。富士見台から上って、頂上まで数
メートルのところ。

樹高4mほどの三つ葉ツツジ、同じくらいの馬酔木が
ノコギリでバッサリだった。切り口はまだ新しかった。
一体誰が何のために。

少なくても、展望を得るためではなさそう。強いていえば
富士見台方面から来た場合、その樹木がちょっと邪魔くらい
のもの。

しかし、それだけの理由で、長い時間を掛けてここまで
成長した貴重な樹木を、いとも簡単に切れるだろうか。
これは犯罪である。被疑者未特定で告発したいくらいだ。

こんなことを今後もあちこちでやられたら、本当に検挙
(??!!)しなければならない。山を愛し好きだったら、
こんなことは二度とやらないで欲しい。

 

12月25日(日)晴・5度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月25日(日)06時45分4秒
返信・引用 編集済
  昨日は

一昨日、強風で山行中止だったので、急遽出かけた。
コースは、以前から気になっていた、越前岳・富士見台
東南尾根。天気は無風快晴。

山神社から出発。車は多い。大沢は3日前の大雨で増水。
右岸を進み、橋を渡り、標高約900mが取り付き。
しばらく藪っぽかったが、次第にハッキリした道になった。

何方かが笹を刈ってくれてあり上り易い。しかし、物凄い
急登。ただ、1150m付近で下刈りはなくなってしまった。
ここで下山したかもしれない。

ここからモーレツな藪漕ぎが標高約1300m付近まで続いた。
位牌岳北面の北尾根とかG尾根は藪はない。何故か??北面と
南面の違いだ。ここは南面故、笹とかの生育が良い。

1300m付近から、ようやく笹は無くなったが、今度は厳しい
岩尾根が続いた。20mザイルは持参したが、単独では使いようも
ない。右に左に岩稜を巻いて上る。

空が切れ、ようやく標高約1320mの富士見台着。厳しい尾根
だった。富士山撮影者が闖入者に驚いたようだ。越前岳をきわめ
ブナ植樹地のロープを点検し下山。

愛鷹山荘もパスして手前の尾根を下る。越前岳に上る時、下って
来た若い衆に駐車場手前で追いついた。

 

12月23日(金)晴・13度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月23日(金)05時53分58秒
返信・引用 編集済
  岳友

芦安在住の賢弟・S氏が今年も「2017・野鳥カレンダー」
を作った。
芦安周辺で見られる野鳥12種を撮り下ろしたものが、
美しいカラー写真に納まっている。

巻頭に、氏の言葉で「大自然のフィールドの中で野鳥たちの
たくましくも愛くるしい姿に驚き、癒されながら出会いの
よろこびを感じて撮り続けています」とある。

下土狩周辺で見られる野鳥は、スズメ・メジロ・ムクドリ・
カラスくらい。
流石に芦安は豊富。中でも、ルリビタキ・ベニマシコ・オオルリ
・シジュウカラ・アカハラ・ジョウビタキは美しい。

しかし。これらは登山中はなかなか観察出来ない。何回も現場に
足を運び、じっくり腰を据え、長い時間を掛けて、やっとイイ一枚
が撮れるものだろう。
山も美しく感動的だが、命あるものは、更に生きるよろこびを共有
される。

(これで、さえずりが聞ければ、サイコーですね。それは贅沢だね)

あす、日記休みます。

 

12月22日(木)雨・7度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月22日(木)05時43分38秒
返信・引用 編集済
  昨日は

12月度・富士山一周ウオーキングでした。コースは、
富士宮・浅間神社~星山放水路~明星山~岩本山~実
相寺。天気は無風快晴。参加は28名。

8時、浅間神社から出発。朝の冷気が気持ち良い。富
士山が大きい。天気は無風快晴。潤井川から星山放水
路を下る。

星山まで下り、左手の星陵高校に上る。学生が元気よく
グランドに出ていた。この高校は、静岡理工科大学系
だった。

グランドを抜けて明星山に向かう。今回のこのコースは、
新コース。車の往来が少なく静かで嬉しい。明星山のト
イレに寄ったら、ウサギが潜んでいて飛び出し、驚いた。
野生のモノか誰かが捨てたのか不明。いずれにしても、
ちょっと可哀そう。

素晴らしい展望だった。樹木が大きくないので富士山
が大きい。三角点もあった。ここで記念写真。急な下
りをこなし岩本山に上る。岩本山の展望も悪くはない
が、明星山のがイイ。

展望台に上り、実相寺に下る。本日はお終い。午後は、
天母の湯で忘年会でした。一年、無事だったことを感
謝でした。


 

12月20日(火)晴・3度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月20日(火)06時59分37秒
返信・引用 編集済
  昨日

畑で「ロマネスコ」(カリッコリー=カリフラワーと
ブロッコリーのあいのこ)を収穫した。この野菜は、八百屋
にも売っていない逸品。シチューで食すのがサイコー。

年内収穫は初めて。通常、春収穫。シシトウも昨日、
最終収穫。この時期までもつのは珍しい。やっぱり
暖かいのだ。

ダイコンも昨日収穫したのは7.5Kgある巨大な
ものだった。しかも巣も入っていなかった。

野菜が順調に巣立つのは有難いが、季節は普通に移行
して欲しい。暖冬は当然、人間にも影響があるでしょうね。

明日、日記休みます。

 

12月19日(月)晴・3度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月19日(月)06時18分32秒
返信・引用 編集済
  昨夜の
サッカーは、惜しかった。「もし」はないが、あのペナルティー
がなければ・・・。やっぱり、いつも審判は向こう寄りだね。


昨日のつづき
最低コルに下り、少し上り返すと、足柄峠からの一般道に出る。
しかし、鷹落場への道標はない。だからハイカーが間違
えて入ってしまう懸念はある。

高い階段をこなすと、20分ほどで10:07
矢倉岳頂上着。谷峨駅から約3Hだった。先着が3名。
単独の方にシャッターを押して貰った。空気が澄んでいて
大展望。大涌谷は白っぽい蒸気でなく、やや茶色っぽい
噴煙気味が盛んに上がっていた。

計画では昼食だったが、時間が早いので足柄峠
に向かう。ただ、ここの道は峠まで「上り」なので嫌い。
頂上にいたアベック(??!!)を抜かし足柄城址着。
冨士山が近くなった分、凄い展望だった。ハイカーが
ゾロゾロ集まる。

約1Hここで昼食。Kが上げてくれた、「手製ビア」を
いただく。味は「ピルス風」とのこと。美味しかった。
午後はノンビリ足柄駅に下る。時間が早いので一旦家に
帰り、沼津で忘年会でした。

結局、今年の山は、年末の冬山3日予定で、58日、
生涯1716回でした。ま、それに伊豆巡礼・富士山
ウオーキングなどが加わりまが・・・。(笑い)

 

12月18日(日)晴・3度

 投稿者:たかチャン  投稿日:2016年12月18日(日)06時44分47秒
返信・引用 編集済
  Sさま、投稿ありがとう。
そんな名前ですか??しかし、それはそれでイイのでは。
いずれにしても、伊豆半島「七不思議」みたいのがあると
面白いですね~!!


昨日は、忘年山行で矢倉岳(870m)北尾根でした。
(HPのGPSクラブ参照)
コースは、御殿場線・谷峨駅~畑沢~北尾根~699m峰
~三角点・鷹落場(819.1m)~最低コル~矢倉岳~
万葉公園(昼食)~駿河小山駅。天気は無風快晴。参加は
7名。

以前から気になっていた、矢倉岳・北尾根に挑む。始発の
御殿場線で行く。電車は暖房が弱く寒かった。そんな訳でも
ないだろうが、ちょっとイイことがあった。

霜で真っ白な谷峨駅を7:02出発。こんな早朝からダンプ
が行き交う畑沢を進む。ダンプは畑沢の奥に砕石場があるからだ。
東名を潜り橋を三つ渡った所が北尾根取り付き。

GPSにあらかじめルートを設定してきたのだ楽勝。余りに楽過
ぎて今までの苦労は何??!!だった。間伐の檜林を少し上ると
山仕事の立派な道があった。この道を辿り難なく469mに上る。

天気は無風快晴。右手の梢の向こうに真っ白な富士山がチラホラ。
ルートは特に藪もなく、植林地を上る。ただ、北面の植林地は、
日当たりが悪く寒い。

699m峰先で明るい自然林になった。ひと上りで、9:14、
三角点がある鷹落場(819.1m)着。ここには立派な山名
板があった。やっぱり好きな方がいらっしゃる。少し戻り標高
700mまで下る。

つづく。


 

Re: 12月15日(木)晴・4度

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年12月17日(土)19時49分28秒
返信・引用
  > No.3102[元記事へ]

たかチャンさんへのお返事です。

> 伊豆半島、下田と石廊崎の間に大瀬集落があり、その
> 先の海岸に不思議な松がある。
>
> Sさま、これは凄い観光資源です。下田市に何か
> して貰ったら??!!(笑い)

ご指摘の通り、珍しい松です。ここの海岸は「仏が浦」と呼ばれ、
海難事故などの土左衛門(水死体)がよく流れ着く場所として知られています。
でも、名前が悪いことから、今は「日の出が浦」に変えられています。
そんなことから、観光スポットにならないのかも~。

でも、以前そこにあった南崎小学校の子どもたちは仏ヶ浦で潜って貝を採っていましたけど。
 

レンタル掲示板
/218